Forestal Conciencia

緑に囲まれたサロンで安らぎませんか。アクセスバーズ®・ボディヒーリングサロン@札幌

26 2017

【 その先のJOY&HAPPY 】

札幌市西区で、アクセス・コンシャスネス®のセッションとクラスをしています。
詳しくは ☆こちら

こんにちは。
札幌のアクセス・バーズ®ファシリテーター 山下佳代です。


つい最近、じぶんの中にあった

宝物

に気づいたんだ。



とってもあったかくて

わたしのなかにそんなものがあるなんて・・・


それが、あるんだってことがわかって

心底うれしかった。





それはFacebookで繋がってる方の
 
ある投稿がきっかけだった。



その方のかつての上司とのエピソードなんだけどね。




上司と高級なお寿司屋さんのカウンターで食事をしていたときに
 
あとからやってきて隣に座った見知らぬ青年とその母親と思しき二人のため

その上司の方がとったおこないをシェアしてくれたの。


メニューも値段の表示もないようなお寿司屋さんのカウンターで

明らかに不慣れな様子の青年のために

大将とさりげなく会話するふりをして

おすすめのネタとか値段なんかが青年にわかるようにしてあげたのだそう。




そのお話そのものがとってもあたたかくて素敵なエナジーに満ちていたんだけど



わたしの中にも同じようなあたたかいものがあるような気が

したんだよね。



なんだか目頭が熱くなって涙まで出てきて。





そしてね、とっても大事なことに気づかせてもらった。




ひとにはね、誰にでもこういうあたたかさ、

人を思いやる優しさがあるんじゃないか、ってね。

それに気がついてないだけで。






お寿司屋さんで、もしわたしの隣にその青年とお母さんが座ってたら

わたしはちょっと意地悪な気持ちで二人を観察してただろうな、って思ったの。



だけど、それはいままでのわたしがそういう感情の使い方しか知らなかっただけで


本当はわたしの中にもその上司の方のような思いやりや優しさや


あたたかい何かがあるんじゃないかって。



わたしの中から湧き上がってきたあたたかいものは


それなんじゃないかな、って。





そして、Facebookにコメントさせてもらったらね、彼女は



「それ」はずっと前から佳代ちゃんの宝物なんだと思う



って返してくれたの。




そう、わたし、ずっと探してたと思う。



こういうあたたかさのなかに居ることを。


こういうあたたかな世界にじぶんが在ることを。




それは、ずっとじぶんの中にあったのね。







子どもの頃から

じぶんは 意地悪だ と思ってた。




高校時代の悪友に

あんたは意地悪~!


ってよく言われたな。(わたしに言わせればあんたも意地悪だよww)



そして兄にも

おまえは底意地が悪い

って言われたな(笑)





じぶんの中にはいつでも無限の選択肢があって


一瞬一瞬に感じる 感情 すらも


選択できるんだってこと。



意地悪に感じることも

優しさから、あたたかく見守ったり思いやったりすることも


どっちも選択できるし

どっちでもなくてもいい。




意地悪なほうを選択すれば

意地悪なじぶんが その先 にいる。



優しさを選択すれば

親子がとてもハッピーなひとときを送ることができて

それを見て、きっとハッピーな気持ちになってるじぶんが その先 にいる。



選択って

そんなふうにしていけばいいんだな、ってことが

いまさらにして

やっと見えた。




このブログの名前を



その先のJOY&HAPPY



って名づけたのは


この、わたしにとっての大きな気づきから。




これからは

その先 にいるわたしが

満たされハッピーで笑っていられるような選択をしていこうと思う。



その選択の積み重ねで

わたしたちの人生はできている。



人生を創っているとはそういうことなんだな、と思う。





本当に素敵なお話をシェアしてくれてありがとね♡

これ以上、どんないいことが?♪


170126-1 
  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡


スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment