Forestal Conciencia

緑に囲まれたサロンで安らぎませんか。アクセスバーズ®・ボディヒーリングサロン@札幌

12 2016

【頑張るか?それとも頑張らないか?】

札幌市西区で、アクセス・コンシャスネス®のセッションとクラスをしています。
詳しくは ☆こちら

頑張らなくてもいいんだよ
 
と言う考え方が
 
自己啓発やスピリチュアルの世界では
 
浸透してきたなか
 
 
 
最近見かけるようになったのが
 
 
「頑張って何が悪い!」 
 
「頑張ってもいいんだよ!」 
 
 
という趣旨の投稿。
 
 
 
わたしは、頑張っても頑張らなくても
 
どっちでもいいと思う。
 

というか、これってどっちかに決めることじゃないよね。
 
 
 
現代人って基本
 
「頑張る」ことのほうが得意だよね。
 
 
「頑張らない」ことのほうが難しい。
 
 
家庭でも学校でもそのように教育されてきているしね。
 
 
だから、「頑張らない」ことをも「頑張って」やろうとする人が出てくる。
 
 
 
わたしが思うのは
 
 
人間が成長するときっていうのは
 
多少の負荷を掛ける必要があって
 
そういうときこそ頑張るときなんだってこと。
 
 
自己成長を意図して
 
そのために頑張る必要があるなら
 
おおいに頑張ればいいのよ。 
 
 
 
だけど
 
ほとんどの人は
 
「無意識」に頑張ってるんだよね。
 
 
わたしもかつて
 
じぶんの「ADHD」的な側面を隠すために
 
「できるわたし」を無意識に、強烈に負荷をかけて演じてきた。 
 
 
寝てるときも、起きてるときも24時間
 
歯を食いしばって、歯ぎしりして、歯が折れるくらいにね。
 
 
これ、気づいてないだけで、ものすごく苦しかった。
 
 
気づいた瞬間、身体の緊張がほどけるような感じがしたのを覚えてる。
 
 
 
無意識の「頑張り」は生きづらさを生む。
 
 
 
だから、無意識に頑張ってる人は

 
 
がんばらなくてもいいんだよ
 
 
って「気づく」ことで
 
 
知らず知らずにじぶんに掛けていた負荷がなくなって
 
 
 
もっとじぶんのための別のところに負荷をかけていくことができるというもの。
 
 
 
それこそ、もっとじぶんを成長させるために
 
ここぞ!ってときに意図的に掛ける負荷に
 
エネルギーを注げるじゃない!
 
 
 
じぶんが成長したいとき
 
望みを叶えたいとき
 
人生について真剣に向き合うとき
 
 
頑張ることも必要だよね。
 
 
この世界はエネルギーで
 
わたしたちも言いかえればエネルギーなのだから
 
 
変化させようと思ったら
 
今までとは違うエネルギー負荷を掛ける必要がある。
 
 
 
だから
 
単に
 
「頑張る」
 
「頑張らない」
 
 
って話じゃないと思う。

 
 
 *   *   *   * 
 
多次元調律セッション詳細は *こちら* 
 
  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡


スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment