Forestal Conciencia

じぶん自身の力でじぶんをもっと幸せにするお手伝いをしています♡  思考の学校 & アクセスバーズ ☆ 北海道札幌 ☆

18 2018

『ポンコツ女』はもう卒業します!潜在意識が教えてくれたこと

アクセスのセッションと講座については ☆こちら
思考の学校の講座については ☆こちら

思考のしくみを知って
夫婦、親子の絆を深めて
もっと人生を楽しみましょう♪
゚♪゚.★.。O。゚♪゚.★.。O。゚♪゚.★.。O。゚♪゚

こんにちは。
北海道札幌の思考の学校 認定講師のたまご♪
愛され妻の山下 佳代です♡


今日も思考のしくみから気づいたことをお伝えしたいと思います。
壊れる車と思考の関係についてのわたしの体験です。


あなたの車はしょっちゅう壊れたりしませんか?
最近の車はあまり壊れたりしませんよね(^^ゞ


わたしはいま、ISUZUのビッグホーンという車に乗っています。
この車がね、壊れるんですよ、しょっちゅう!

しかも、壊れるのはいつも、夫ではなくわたし一人の運転中 笑


でもね、これ
思考のしくみから見ると、偶然じゃないんですよね。



もっと言えば、
ビッグホーンの前に乗っていた新古車で買ったジムニーも
その前に乗っていたピカピカの新車で買ったイタリアンバイクも
その前に乗っていた旧車のGL400も
どれもこれも、わたしの乗るものはことごとく壊れたんですよね 涙

新車なのに、イタリアンバイクのAprilia Pegasoなんて、
あり得ないトラブルがしょっちゅうでした。



1月末のある朝、
不調が続いていたビッグホーンのエンジンが
とうとう掛からなくなりました。

思考の学校の大石洋子校長に

「車の故障よくするんだね。
 車=自分だよ。
 よく壊れる
 すぐ動かなくなる
 常に直さないと
 自分のこと思ってる
 ということだよ。」


とアドバイスをもらって

「わたしはじぶんをポンコツ扱いしていたんだ!」

そう思いつつも
まだピンときていませんでした。



実はその日は婦人科に診察に行く日でした。

何か月も前から、なんとなく腹部に違和感があったので
息子を出産したクリニックで見てもらうことにしたのです。

車は修理に出したので、バスで出かけました。



出産のときにもお世話になった
懐かしい院長先生に診てもらいました。

「卵巣が腫れてるかなぁ。生理が終わったら、もう一回に診せにおいで」

ついでに子宮頸がん・体がんの検査もしてもらってその日は帰りました。



先日、二度目の診察に行っていきました。

「卵巣嚢腫やったら、切らなあかんなぁ」

と言われていたので、ちょっとドキドキでしたが、

診察の結果は異常なし。
がん検査も異常なし。


でした。



ホッと胸を撫で下ろして病院を出たら、

お世話になっているメカニックさんから
「ビッグホーンの修理が終わりました~」

と連絡が入りました。


その足で取に行きました。



婦人科に掛かる朝に故障したビッグホーンが
二度目の診察終了と同時に上がってきたんです。

これは偶然じゃない。


どんな思考がこの現実を作ったか、思いを巡らせていて

ハッとしました。



旧車のGLやPegasoに乗っていた頃、
わたしは最初の夫と暮らしていました。

その頃のわたしは

子どもが欲しいとはまったく思えませんでした。


結婚して間もなく
はからずも一度妊娠して、死産になったことがありました。


そのときに
「心から子どもがほしいと思えるまで、絶対子どもを作らないようにしよう」

そう堅く心の決めたんですね、わたし。


だけど、そのかたわらでずっと

「子どもが欲しいと思えないわたしは、
女性としてどこか欠けているに違いない」


そう思っていたんです。



その後離婚して、いまの夫と再婚し

「子どもがほしい」

そう思って産んだ子を、育てるのが苦しくて苦しくてたまらなかった。


「子育てがこんなに苦しいなんて、
きっとわたしは女性としてどこか欠けているに違いない」


苦しかった頃はずっとそう思っていました。


だけど、無意識にいまの今まで

「女性としてどこか欠けているに違いない」

この思考を持ち続けていたことに気が付いたのです。



わたしはわたしのことを

『女としてポンコツ』

そう決めつけ、ずっと責めていたんですね。


その思考を20年くらい、ずーっとずっと
ため続けてきてたんです。


その思考が、バイクや車が壊れる =ポンコツ

として現れていたのだということに、

やっと、やっと!

気づいたのでした。




「わたしにはこんな思考がたまっているよー」と

潜在意識が教えてくれている。


思考のしくみでは、

そんなふうに見てみるんです。




思考のしくみとは


100% わたしたちの思考したことが潜在意識にたまって
それが現実化している

というしくみのこと、なんですね。



わたしの思考(=女としてポンコツ)が潜在意識にたまって

それが現実(=車がポンコツ)

として現れた。


「女としてポンコツ」って思考がたまってるよー

と潜在意識が教えてくれていた、わけです。


これがわかったら、もう

女としてポンコツだって思うのを止めることができますからね。




「女性としてどこか欠陥がある」

なんて、もっともらしく言っていました。



「育児困難なんです」


こういうふうに言っておけば

誰からも責められませんよね。


「大変だったね~」って同情さえ得られるかも。



だけどね、

目をそらさずにじぶんに向き合って
思考を見ていったらね


子どもが欲しいと思えなかったことも

育児が辛くて苦しかったことも


要は

「大人になれない子どものわたしだったから」

ただそれだけだったんですよね。


じぶんがまだまだお父さんやお母さんに

「してほしいのー」
「やって、やってー」


って言いたいお子ちゃまだったから、

そんなわたしに子どもを育てるなんて

できっこなかった。

ただそれだけ。


それを正当化して、

「女性としてどこか欠けている」

なんて、

「何かのせい」

にしていました。



こんなふうにじぶんをいくら正当化しても
現実って変わらないんですね。

じぶんが子どもだったことを認めて
大人になると腹を決めて生きていく。


子どものじぶんは、誰の心の奥にもいます。
それを野放しにしておくか
大人のじぶんが子どものじぶんを認めてヨシヨシしながら
ともに生きていくか。


思考のしくみを知ることで
どんな思考がわたしの現実を作っているのかを知り、

心の奥の子どものじぶんとの上手な付き合いかたを知っていくと

だんだんとコントロール不能と思っていたことが少なくなって
人生がラクになってくるんです。


「潜在意識」は、
わたしたち本来の幸せなじぶんを生き、
楽しい人生を送るための気づきを
いつも「現実」という形で教えてくれています。


思考のしくみを知ると
人生をじぶんの望むものに変えていけるのは
こういうことなんですね。


ミニ講座で思考のしくみについてお話しています。

「女としてポンコツ」

がどうして

「車がポンコツ」

という現実となって現れるのか。


このあたりも講座内でご説明しています。



わたしは「女としてポンコツ」なんかじゃなかった。


これまで、じぶんを正当化するために

「女性性の欠如」までも作りだしてきました。



これからは

大人として

女性であることをもっともっと謳歌しよう


そう決めましたよ~♪

思考のしくみがわかる無料ミニ講座
ぜひお話を聞いてください♡
ZOOMによるオンライン開催もしますので
どうぞ現実を変える一歩を踏み出してください!

ミニ講座日程は →こちら←


28217784_977944005695827_1941468497_o.jpg 

二月中旬ともなれば、
晴れの日は日差しが強くて
サングラスなしではお散歩できなくなります。

歩くと汗ばむし、
パナくんの抜け毛は激化するし

北国も春近し、です♡


*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

思考の学校 無料メール講座

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*
  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡


スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment