Forestal Conciencia

緑に囲まれたサロンで安らぎませんか。アクセスバーズ®・ボディヒーリングサロン@札幌

08 2016

【いい子にもできる子にもならなくていい】

札幌市西区で、アクセス・コンシャスネス®のセッションとクラスをしています。
詳しくは ☆こちら

昨夜の池川先生のお話を聞いたあと

ふいに思い出したことがある。


わたしは昨秋、

ある些細な気づきをきっかけに

数十年来の歯ぎしり、食いしばりが

ピタリと止んだ。


眠っている間はマウスピースをしないと

歯が折れてしまうほど、だったのに。


それ以来、歯ぎしりも食いしばりもほぼない。


その些細だけど、大きな気づき、


それは、本来のわたしは


いわゆるADHD気質だったのに

それを、無意識に必死でカバーして

「わたしはちゃんとできる」

を演じ続けてきたらしいってこと。




本当は抜け抜け人間なのに


ものすごく歯を食いしばって

必死で「できる人」をやってきた。


まさに、食いしばり!!!



でもそれに気づいて、


もうやーめた!


って、力抜いた途端に

抜け抜け人間に還って


担任の先生との約束やら

病院の予約やら日々のなんやら

忘れまくるようになった!

家事がまともにできなくなった。


だけど、あんまり気にもならない(笑)



約束の時間など、以前は忘れないどころか

絶対に時間前に着く!

ような人だったのに

約束そのものを忘れるという…。



学期末に通知表を

もらいに行くのを忘れてしまい、

4月1日に

慌ててもらいに行ったのだけど、


そのときに、始業式の日に

教科書を取りに来てくださいね

と、約束したばかりなのに


たった5日後の約束を見事に忘れて

またすっぽかしてしまった。


新しい担任の先生から電話が来て

思い出すありさま(笑)



これにはじぶんでも衝撃を受けたよ。


わたし、はっきりとADHDなんだと


自覚したわ。


今まで、兄のことはさんざん

ADHD呼ばわりしてきたけど


まさかじぶんもだったとは!


ギャグみたいだ(笑)




けど、よくよく思い返せば

小学校低学年の頃はいっつも忘れ物してたの。


教科書忘れや宿題忘れで、

よく担任に、教科書の背で頭を叩かれたり、

立たされたりする子だったわ。


けど、昨夜思い出した。


わたしが

ちゃんとできる人間

に生まれ変わった瞬間を!(笑)



それは小学校5年生になったとき。


実家が家を新築し、わたしは転校した。


それまでのわたしは

成績も冴えないし

何をしてもパッとしない子だった。


後に母は、そんなわたしを

鳴かず飛ばずだった、と表したほど(笑)


そんなわたしは

転校を転機だと感じた。


冴えない人生を変える!


って決意したんだよ。

子ども心にも。



新しい学校、新しい友だち、新しい家。


そこでわたしは別人になったの。


担任の先生のおかげも大きいけど


突然、勉強ができるようになり

先生にも可愛がられ


母の美しい箸の持ち方を

見よう見まねでマスターし


ふとん上げ下げ、洋服整理、

身の回りのこともきっちりやるようになった。


そこにADHDらしさは

感じられなかったと思う。



きっと、その頃から

歯を食いしばっていたに違いない。



長い間、わたしは

わたしでない誰かを演じて

生きてきたんだ。


それも、誰に言われるでもなく

じぶんで決意して。


そうすることが

親や先生に愛され、胸を張れることだと


思っていたように思う。



人間、適度にじぶんに負荷を掛けるのは

成長にもなるし、ありだと思う。

だけど

負荷を掛け過ぎると


やっぱりしんどい。

しかも、無意識でやってるから

しんどいことにも気づいてない。


わたしはADHDの気質を

じぶんにガッツリ負荷を掛けて隠してきた。


ADHDの気質なんて

ぶっちゃけ、親がどんなに注意したって

どうにもならないものだよね。


だけど、じぶんで決めたら

できちゃうんだね。




人間って決めたら

変われることを

わたしはすでに証明していたなんてね。



気づいた今

本当に楽だよ。

笑って抜け抜けでいられる。


本当のじふんがこんなだったなんて

なんだか痛快♡



ずっと、

忘れ物する人や時間に遅れる人を


なんでなんだろ?って

密かにバカにしてたと思う。


そりゃ、するわな。

シャドウだもの。

じふんが抑え込んできた劣等感を

他者の中に見ていたんだから。


そうまでしても

認めてほしかったんだよね。



子どもは

そのまんまでいい。


いい子にも

できる子にも

ムリしてならなくていい。



子どもたちが力を抜いて

安心して生きられる環境を

用意してあげたいね。


  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡


スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment