Forestal Conciencia

緑に囲まれたサロンで安らぎませんか。アクセスバーズ®・ボディヒーリングサロン@札幌

07 2016

【胎内記憶の池川明先生から学んだこと】

札幌市西区で、アクセス・コンシャスネス®のセッションとクラスをしています。
詳しくは ☆こちら

もう、どれでもいい

って思ったんだよね。

昼のブログに書いたけど。


なぜそう思ったのか

その意味がわかった。


「胎内記憶」を広める活動をされている

産婦人科医の池川明先生を囲んで

美味しいお食事をしながら

お話を聞けるという

(しかも隣に座って♡)

素晴らしい機会に恵まれて。





先生のお話は

魂には良いも悪いもなく


だからすべての人のすべての人生も

良いも悪いもない。


という魂への理解が貫かれていた。


赤ちゃんが生まれてくるも来ないも

お母さんの

産まないという選択においても


この理解が貫かれていて


視界が開けるような思いだった。



魂の視点で語られるお話は


わたしがずっとモヤモヤして

手が届きそうで届かなかったものに


手が届く思いだった。




どれでもいい。



魂が望む体験に良いも悪いもない。



だとしたら

なぜ、世の中にセラピーとか

コンサルとかが存在するんだろう。




わたしは今になって

そこが引っかかってた。

わたしのしていることは

エゴやコントロールなんじゃないか、と。


セラピーという名で

他人の人生に干渉してよいのか?

という疑問が湧き上がってきて。






よりよくなりたい。

成長したい。


それを目的に生まれてくる魂も

いるんだってこと。



とことん不幸を味わいたい魂も

いるんだってこと。



そこを理解したうえで


必要とされたときに必要なことをするだけ。

なんだな、と。



わたしの中に

不幸や苦しさは「良くない」


という思い込みがあったんだよね。


これ、魂にとってはある意味

ご馳走

だったりするわけで(笑)



魂目線で

世界を見ていくと


違った世界が広がってる。


わたしたちは、三次元に

魂が「体験」するために来てるんだもんな。




胎内記憶を持つ今どきの子どもたちは


「地球を救うために生まれてきた」

と、はっきり言うそうで。



魂の目的が

「地球を救うこと」ならば



わたしたちは

何かをするために


いちいち

理由を探したりくっつけたり

する必要なんかないんだよね。


ただ

目の前にあることを

粛々とやる。


魂を、命を生きることが

今を生きることならば


精一杯それをやればいい。



シンプル。



それが、なんだっていいんだよ。



それが、魂の目的なんだよ。



言葉でうまく説明できないのが


なんだかもどかしいけれど。



ホント理由なんか要らないから

やりたいようにやれ、オレ(笑)







  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡


スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment