Forestal Conciencia

緑に囲まれたサロンで安らぎませんか。アクセスバーズ®・ボディヒーリングサロン@札幌

07 2016

【今朝の夢が教えてくれたわたしの幸せ】

札幌市西区で、アクセス・コンシャスネス®のセッションとクラスをしています。
詳しくは ☆こちら

なんていうか、もう

どれでもいい

っていう心境になってきた(笑)


じぶん

や、

じぶんらしいものを


どんなに外側に探しても


見つかるわけないし。


じぶんは

どれでもないんだから。



Facebookとか

情報発信って


なんなんだろう。


なんのためなんだろう。


わたしはなぜ

今こうして


ブログを書いてるんだ?


誰かに聞いてほしいからか?


わたしはここに居ます

と伝えたいからか?


わたしはナニモノです

と伝えたいからか?


ナニモノ?


わたしはナニモノか。


これ、本来

言葉で説明できるものじゃ


ないよね。



だけど、

なんらかの表現をすることで


わたしという存在そのもの


核とでも言おうか…


は言葉で説明できなくても



輪郭が現れる気がする。



そして


その輪郭が


核から発せられたものであれば




その核を

他者にも感じられるんじゃないか



そんな気がする。



輪郭を見て核を感じる。




日常のコミュニケーションも同じか。



あの人


を言葉で現せなくても

知っている


そんな感覚。



だから


作り込む必要ないんだよね。



どんなに作り込んでも


核から出てないものは


その人の輪郭になりはしないんだよ。



そのまんまでいいと思う。



巷でよく

セルフイメージが高いとか低いとか


もっとセルフイメージを上げなきゃ

とか言われているけど



そこで言うセルフイメージって


外側から見られているであろう

イメージに過ぎないし。




だから

そのイメージが高くても


じぶんの核にぜんぜん気づいてない


とか


じぶんの存在を認めたり

受け容れたり

できてなかったら


生きづらいと思う。


セルフイメージ高い低いも


比較でしかないからね。






それすらも

どっちでもいいし


やりたいようにやればいいんだけど



わたしはもう

そういうのは要らないや。




この数日間、廃人のようになって


まだまだ抱えていた

いろんな感情を感じながらも


感じれば感じるほど


じぶんの核を強く感じられるように


なった気がする。



これからどうしようかなぁ

ってぼんやりしていたけど


根拠のない自信だけは


なぜかあって。



じぶんの核と

この説明できない自信が


通奏低音のようにあり続ける状態



これをわたしは求めてきたように思う。



どこかや何かを目指さなくても

ここがわたし。

ここにすべて在る。





わたしは

幸せでありたかっただけで


何かになりたいとか

何かを成したいとか


そんなんじゃないんだもん。



ただ、

これからも何かをするとは思うけど


それは

幸せになるためとか


じぶんを満たすためとかじゃない


別の何か。



いや、もう

行動するのにいちいち理由も要らないし。



〇〇のために

〇〇をやってます!


みたいの

べつになくても

わたしはいいわ。





今朝、夢を見たの。


夫とまだ結婚する前


一人暮らしの夫の部屋に転がり込んで

秘密の生活をしていた頃のイメージだった。

(ストーリーはちょっと違うけど、

夢はあの頃のことが

言いたげだった(笑))


新宿駅から徒歩10分とは思えない

昭和三十年代なその地域、その部屋で(笑)

わたしは毎日が幸せで

楽しくてしかたなかった。


毎日銭湯に通って

コインランドリーで洗濯して。


大好きな人と一緒に居られて

派遣社員でも、やるべき仕事があって


ただそれだけで。

明日のことも将来のことも

考える暇がないくらい

幸せを味わってた気がする。


ま、そのときはそのときで

悩みはあったし

精神的に参ったり

ハードワークで

身体を壊したりもあったけど。


わたしにとっての幸せって

ものすごくシンプルで

プライベートなもの


なんだ。


と、

夢の余韻を味わいながら

そのことに気づいたよ。


わたしは

隣に居る大事な人たちと


笑ってるときが幸せなんだわ。



先月、息子と風邪で寝込んだときにも


それを強く感じたよ。



数日間、二人で

なーんもしないでただ寝てた。



あんなに息子に添い寝したのって


彼を出産した、

出産直後から母子同室の産院で

入院していたとき以来よ(笑)


二人で寝込んで以来

息子との関係がまた変わったし


わたしの人生観も変わり始めていたんだよね。


その直後に東京で

いろんな経験をして

世界が崩壊したわけだが(笑)


本当に

これでいい

このままでいい

幸せはいつでも在る



あー、これ書いててわたし

復活したかも。



ありがとう。


世界はやっぱりわたしが創っている。



そんなわけで

また東京に居る(笑)



  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡


スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment