Forestal Conciencia

緑に囲まれたサロンで安らぎませんか。アクセスバーズ®・ボディヒーリングサロン@札幌

04 2017

【 お子さま連れOK♪アクセス・バーズ®2day講座@札幌西区 開催します! 】

札幌市西区で、アクセス・コンシャスネス®のセッションとクラスをしています。
詳しくは ☆こちら

こんにちは!
札幌でアクセス・バーズ®、アクセス・ボディプロセスのファシリテーターをしている
Forestal Conciencia 山下佳代です。

10月25日(水)・26日(木) 9時30分~13時30分
お母さんと小さなお子さんのための
アクセス・バーズ®2day講座を開催します!

2017102526bars2day.jpg 

幼稚園や小学校からお子さんが帰ってくるまでのお時間に!
小さなお子さんのお昼寝前の、午前中からお昼過ぎにかけて約4時間ずつ二日連続で開催です。(二日間ともご参加ください)

アクセス・バーズ®は頭部に32か所あるバーと呼ばれるポイントに軽く触れるだけのヒーリング法。
副作用などはなく、赤ちゃんや小さなお子さんにも安心しておこなっていただけます。

わたし自身が9歳男児の母ですので、子育てでいかにアクセス・バーズ®が役立つかについて、たくさんお話したいことがあるのです!
わたしがバーズに出会ったときには、息子は7歳になっていましたので、もっともっと早く、これに出会っていたら、育児がラクで快適だっただろうな・・・そう思うのです。

だから、まだ小さなお子さんをお持ちのお母さんに今、ぜひ出会っていただきたいのです。

アクセス・バーズ®は脳内に溜め続けた不要な思考や感覚、感情や信念を消去してくれますので、頭がスッキリし、とてもリラックスします。

それが小さい子どもにどうして必要なの?と思われるかもしれませんね。
不要な思考や信念は、実は数多の過去生からずっと溜め続けられていますので、小さな子どもの脳内にもあるのです。
また、子どもは生まれてすぐからお父さんやお母さん、まわりの人たちを模倣していますので、本来のその子を生きるのに不要な模倣を削除してあげることは、その子のこれからの人生に大いに助けになると、わたしは思っています。

我が息子は自閉症の診断を年長さんの頃に受けました。
たしかにちょっと変わった面白い子ではありますが、いまでは自閉症だからと言って、なんら困ることもなくなってしまいました。

バーズをするようになってから、頭の中のガチャガチャした感じや、何かにうなされたり、理由のわからない大泣きなど、気づけばすっかりなくなっていました。
そして何より、わたし自身が彼をどうしていいかわからない、と思い悩むことがなくなりました♪

息子には寝る前にバーズをしていますが、そのまま寝入ってしまいます。
息子の手を借りて、わたしがしてもらうこともありますが、それでも息子は寝入ってしまいます。
する側もバーズの恩恵を受け取ることができるので、しても、されても気持ちがいいのです!

息子が小さい頃はなかなか寝てくれなかったので、毎晩の寝かしつけが憂鬱でした。
(でも夜8時に寝て朝6時に起きるという幼稚園のルールのため、一生懸命寝かせていました)

もしも、あの頃にバーズを知っていたら毎晩、息子に「寝ろぉ寝ろぉ」って心の中で呪いをかけなくてもよかったのにな、とつくづく思います(笑)

お母さん自身のイライラや、思考がグルグルして忙しい頭の中もスッキリしてリラックスできますよ。

子育てしていると、どうしても「良い・悪い」や「正しい・間違い」などの二極性に振り回されがちで、何を選べばいいのか頭を抱えてしまったり、じぶんがしたことを「これでよかったのか」と迷ったりしてしまいますね。

バーズは二極性やジャッジメントを内側でとかしてくれるものでもあるので、子育てがラクになっていきますよ。
バーズのほかにも、習ったその日から役に立つアクセスのツール(道具)やプロセス(方法)もお伝えしますので、子育ての助けになると思います。

託児などはありませんが、小さなお子さん連れ歓迎します。
一緒に講座を受けてくれたお子さんには、プラクティショナーとして認定もしますよ!
(15歳以下のお子さんの受講費は無料です)

お子さんだけでなく、ダンナさまの疲労やストレスの解消にもおすすめです!
ご自身のために、ご家族のために。
子育てにアクセス・バーズ®を取り入れてみませんか。


受講費
18歳以上:初受講37,000円/再受講18,500円
16~17歳:18,500円
15歳以下:無料


お問合せはこちらから。

お申込みはこちらから。

お待ちしております!
  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡


スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment