Forestal Conciencia

緑に囲まれたサロンで安らぎませんか。アクセスバーズ®・ボディヒーリングサロン@札幌

26 2017

【 記事を公開するのはなぜか 】

札幌市西区で、アクセス・コンシャスネス®のセッションとクラスをしています。
詳しくは ☆こちら

こんにちは。
札幌のアクセス・バーズ®、ボディプロセスファシリテーター
Forestal Conciencia 山下佳代です。


ブログやFacebookは
ごく限られた人向けに記事を発信することもできれば

全世界に向けて記事を発信することもできる。


わたしはつい最近まで

すべての記事を全世界に公開で(笑)発信していた。




それは、いつだったか
どこでだったかもう忘れてしまったけれど
もう何年も前に
どこかのビジネス系かコンサル系のコミュで


「記事はすべて公開で書くように」と

言われてのことだったと思う。




それまでは『友だち限定』で記事を書いていたので

記事を公開するのは勇気が要った。


だけど、『情報発信』をやると決めたら
ごくプライベートな記事もすべて公開で書き続けてきた。



ときどき、これはどうしよう・・・と思う記事もあったけど
そういうのもすべて公開に。




だけどね、最近になってふと気づいた。


わたしが記事を公開で書いているのは




『わたしはオープンだよ』

『隠し事はないよ』

『全部知られても誰に知られても平気だよ』

『わたしは全公開で記事が書けるよ』



っていうのをただ


証明


しようとしていただけかも。
ということにね。




これまでも正直


これは公開で書きたいな。

これは友だちだけ、ごく一部の人だけに知らせたいな。

そういうのあったんだ。

だけど、えい!ってやってた。



『情報発信とは』

という型にスッポリはまって

言われたことをただ鵜呑みにしていたな。




誰に対しても、オープンにならなくていいとしたら?

じぶんをすべてさらけ出さなくてもいいとしたら?

じぶんの何をも証明しなくてもいいとしたら?



あなたなら、どんなことを発信したいですか。




『情報発信』もある種の武装だったりするよね。



「じぶんはこういう考えです!」

というバリアを、わたしも張り巡らせてきたのかも。


オープンであることを証明するのと、
無防備であることは
ぜんぜん違うね。


これからは、もっと無防備に記事を書いていきたいし、
それは誰かれかまわず読まれなくてもいい、と思っている。
 
たとえそればビジネスに関する発信であったとしてもね。
 

19496008_853716084785287_969437451_o.jpg 


  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡


スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment