Forestal Conciencia

緑に囲まれたサロンで安らぎませんか。アクセスバーズ®・ボディヒーリングサロン@札幌

13 2017

【 子どもからのメッセージ 】

札幌市西区で、アクセス・コンシャスネス®のセッションとクラスをしています。
詳しくは ☆こちら

こんにちは。
札幌のアクセス・バーズ®、ボディプロセスファシリテーター
Forestal Conciencia 山下佳代です。


心配な子どもはひとりもいない。

いるのは、心配する大人だけ。ただそれだけ。

早く気づいてよ。お願いだから。


19179326_845863378903891_130119144_o.jpg 


どこからか、子どもの声が聞こえてきた。



これ、本当にそうだよね。



心配な子どもなんてひとりもいない。




どんな身体で生まれようとも、

どんな性質で生まれようとも、

どんな状態で生まれようとも、

先天的な何かを持っていたとしても。



生まれてきたそのまんまがその子だということ。



その子がどんな人生を描いてこの世界に降りてきたのか、

その子がこの世界で何をクリエイトしようとしているのか、

心配するのでなく、

その子に問いかけたことがあるだろうか。



その子が望んでいるのは、

ただ、その子なりの成長を手助けしてもらうことだけ、だとしたら?



本当に、どんな子でも

その子そのままで、その子の人生を生きることを望んでいる。



ほかの子は関係ない。

兄弟姉妹も関係ない。

誰かと比べて「違う」なんて、当たり前。


ただの違いでしかないんだよ。



育てかたを間違えた、とか

あのときこうすれば、とか

こっちを選んでおけばよかった、とか


そういうの、ぜんぜん関係ない。




それを選んだのは子どもたちのほう、だとしたら?





心配な子どもなんかいない。

心配している大人が、心配な子どもを創りだしている。



子どもは

生まれてきたときがどんなじぶんであっても、

それがそのまんまじぶんなんだよ。


どんな状態でも。




子どもたちは大人が、思い出すのを待っている。




  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡


スポンサーリンク

0 Comments

Leave a comment