Forestal Conciencia

じぶん自身の力でじぶんをもっと幸せにするお手伝いをしています♡  思考の学校 & アクセスバーズ ☆ 北海道札幌 ☆

08 2016

【意味はあとからついて来る】

アクセスのセッションと講座については ☆こちら
思考の学校の講座については ☆こちら

寝込んでいた数日間に

たくさんの感情に出会った。



わたしったら

昔っからずっと


「妬ましい」

という感情に支配されて生きてきていたんだ。


妬むの

大好きだったんだよ(笑)



幼い頃から

お友だちの持ち物、家、

電話機(笑)
(生家はダイヤルも黒の黒電話だった)



同じクラスの容姿の可愛い子

お金持ちの子


そんなのに始まり


大人になっても

やりたいことを好きにやってる人

成功している人を見ると



わたしだって、それくらい!


なーんて、やってた。



だけど

じぶんは行動しない。



妬むって


「じぶんにもできるはず」

って思いがあるから

発せられる感情なんだよね。


わたしにだって

手が届くはず!って。



ちなみに

「憧れ」は

じぶんとの間にもっと距離がある状態。


そして

そもそも手が届かないようなことには

反応もしない。


へー、すごいね。

くらいなもんで。




そうやって

行動しない

という檻の中でずっと


わたしだって!

わたしだって!


ってやってたな。


いいかげん

檻の中から叫んでないで


目の前の

じぶんのこと

できること

やるべきことに



集中しろよ、オレ!



だよな。


そうしたら、

妬んでる暇なんかないし


その積み重ねが

いつの間にか

じぶんのお役目となってる


そんなもんなんだろうな。



やりたいことってなんだろう

とか

わたしのお役目って何?


とか、頭で考えても

出てこない。



目の前にきた流れを

そのときそのとき選びながら


ただやるだけ。



意味なんてものは

あとからついて来るに違いない!



  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡


07 2016
アクセスのセッションと講座については ☆こちら
思考の学校の講座については ☆こちら

もう、どれでもいい

って思ったんだよね。

昼のブログに書いたけど。


なぜそう思ったのか

その意味がわかった。


「胎内記憶」を広める活動をされている

産婦人科医の池川明先生を囲んで

美味しいお食事をしながら

お話を聞けるという

(しかも隣に座って♡)

素晴らしい機会に恵まれて。





先生のお話は

魂には良いも悪いもなく


だからすべての人のすべての人生も

良いも悪いもない。


という魂への理解が貫かれていた。


赤ちゃんが生まれてくるも来ないも

お母さんの

産まないという選択においても


この理解が貫かれていて


視界が開けるような思いだった。



魂の視点で語られるお話は


わたしがずっとモヤモヤして

手が届きそうで届かなかったものに


手が届く思いだった。




どれでもいい。



魂が望む体験に良いも悪いもない。



だとしたら

なぜ、世の中にセラピーとか

コンサルとかが存在するんだろう。




わたしは今になって

そこが引っかかってた。

わたしのしていることは

エゴやコントロールなんじゃないか、と。


セラピーという名で

他人の人生に干渉してよいのか?

という疑問が湧き上がってきて。






よりよくなりたい。

成長したい。


それを目的に生まれてくる魂も

いるんだってこと。



とことん不幸を味わいたい魂も

いるんだってこと。



そこを理解したうえで


必要とされたときに必要なことをするだけ。

なんだな、と。



わたしの中に

不幸や苦しさは「良くない」


という思い込みがあったんだよね。


これ、魂にとってはある意味

ご馳走

だったりするわけで(笑)



魂目線で

世界を見ていくと


違った世界が広がってる。


わたしたちは、三次元に

魂が「体験」するために来てるんだもんな。




胎内記憶を持つ今どきの子どもたちは


「地球を救うために生まれてきた」

と、はっきり言うそうで。



魂の目的が

「地球を救うこと」ならば



わたしたちは

何かをするために


いちいち

理由を探したりくっつけたり

する必要なんかないんだよね。


ただ

目の前にあることを

粛々とやる。


魂を、命を生きることが

今を生きることならば


精一杯それをやればいい。



シンプル。



それが、なんだっていいんだよ。



それが、魂の目的なんだよ。



言葉でうまく説明できないのが


なんだかもどかしいけれど。



ホント理由なんか要らないから

やりたいようにやれ、オレ(笑)







  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡


07 2016

【そもそも】

アクセスのセッションと講座については ☆こちら
思考の学校の講座については ☆こちら

そもそもそれは

じぶんに必要なのか?



巷に溢れる

いろんなノウハウやら

テクニックやらなんやら。


成功するために。

お金を稼ぐために。

理想を実現するために。




成功したいの?


稼ぎたいの?


その理想は誰の理想?



じぶんの真ん中に答えがある。



そのアンテナ ピンっピンっは


そもそも

何に対して立ってるアンテナ?(笑)



人生にひとつの無駄もないけどさ♡




  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡


07 2016
アクセスのセッションと講座については ☆こちら
思考の学校の講座については ☆こちら

なんていうか、もう

どれでもいい

っていう心境になってきた(笑)


じぶん

や、

じぶんらしいものを


どんなに外側に探しても


見つかるわけないし。


じぶんは

どれでもないんだから。



Facebookとか

情報発信って


なんなんだろう。


なんのためなんだろう。


わたしはなぜ

今こうして


ブログを書いてるんだ?


誰かに聞いてほしいからか?


わたしはここに居ます

と伝えたいからか?


わたしはナニモノです

と伝えたいからか?


ナニモノ?


わたしはナニモノか。


これ、本来

言葉で説明できるものじゃ


ないよね。



だけど、

なんらかの表現をすることで


わたしという存在そのもの


核とでも言おうか…


は言葉で説明できなくても



輪郭が現れる気がする。



そして


その輪郭が


核から発せられたものであれば




その核を

他者にも感じられるんじゃないか



そんな気がする。



輪郭を見て核を感じる。




日常のコミュニケーションも同じか。



あの人


を言葉で現せなくても

知っている


そんな感覚。



だから


作り込む必要ないんだよね。



どんなに作り込んでも


核から出てないものは


その人の輪郭になりはしないんだよ。



そのまんまでいいと思う。



巷でよく

セルフイメージが高いとか低いとか


もっとセルフイメージを上げなきゃ

とか言われているけど



そこで言うセルフイメージって


外側から見られているであろう

イメージに過ぎないし。




だから

そのイメージが高くても


じぶんの核にぜんぜん気づいてない


とか


じぶんの存在を認めたり

受け容れたり

できてなかったら


生きづらいと思う。


セルフイメージ高い低いも


比較でしかないからね。






それすらも

どっちでもいいし


やりたいようにやればいいんだけど



わたしはもう

そういうのは要らないや。




この数日間、廃人のようになって


まだまだ抱えていた

いろんな感情を感じながらも


感じれば感じるほど


じぶんの核を強く感じられるように


なった気がする。



これからどうしようかなぁ

ってぼんやりしていたけど


根拠のない自信だけは


なぜかあって。



じぶんの核と

この説明できない自信が


通奏低音のようにあり続ける状態



これをわたしは求めてきたように思う。



どこかや何かを目指さなくても

ここがわたし。

ここにすべて在る。





わたしは

幸せでありたかっただけで


何かになりたいとか

何かを成したいとか


そんなんじゃないんだもん。



ただ、

これからも何かをするとは思うけど


それは

幸せになるためとか


じぶんを満たすためとかじゃない


別の何か。



いや、もう

行動するのにいちいち理由も要らないし。



〇〇のために

〇〇をやってます!


みたいの

べつになくても

わたしはいいわ。





今朝、夢を見たの。


夫とまだ結婚する前


一人暮らしの夫の部屋に転がり込んで

秘密の生活をしていた頃のイメージだった。

(ストーリーはちょっと違うけど、

夢はあの頃のことが

言いたげだった(笑))


新宿駅から徒歩10分とは思えない

昭和三十年代なその地域、その部屋で(笑)

わたしは毎日が幸せで

楽しくてしかたなかった。


毎日銭湯に通って

コインランドリーで洗濯して。


大好きな人と一緒に居られて

派遣社員でも、やるべき仕事があって


ただそれだけで。

明日のことも将来のことも

考える暇がないくらい

幸せを味わってた気がする。


ま、そのときはそのときで

悩みはあったし

精神的に参ったり

ハードワークで

身体を壊したりもあったけど。


わたしにとっての幸せって

ものすごくシンプルで

プライベートなもの


なんだ。


と、

夢の余韻を味わいながら

そのことに気づいたよ。


わたしは

隣に居る大事な人たちと


笑ってるときが幸せなんだわ。



先月、息子と風邪で寝込んだときにも


それを強く感じたよ。



数日間、二人で

なーんもしないでただ寝てた。



あんなに息子に添い寝したのって


彼を出産した、

出産直後から母子同室の産院で

入院していたとき以来よ(笑)


二人で寝込んで以来

息子との関係がまた変わったし


わたしの人生観も変わり始めていたんだよね。


その直後に東京で

いろんな経験をして

世界が崩壊したわけだが(笑)


本当に

これでいい

このままでいい

幸せはいつでも在る



あー、これ書いててわたし

復活したかも。



ありがとう。


世界はやっぱりわたしが創っている。



そんなわけで

また東京に居る(笑)



  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡


04 2016

【二度目の自我崩壊】

アクセスのセッションと講座については ☆こちら
思考の学校の講座については ☆こちら

東京から帰ってきた途端、風邪で寝たり起きたりの日々で
 
起きていると腰が痛むので、寝てるしかないという。。。
 
 
腰砕け、とはまさにこんな状態なのかな、と思う。
 
 
わたし、どうやら今
 
二度目の自我崩壊
 
 
しているみたいです。
 
 
 
一度目は昨秋、父が死ぬ直前
 
 
わたしのまったく知らなかった父の側面を知ることになり
 
 
 
そのあまりの衝撃に
 
 
「これが世界だ」
 
 
とわたしが45年間信じて疑わなかった世界が
 
ガラガラと崩れて瓦礫のようになってしまった。
 
 
 
 
 
そして、今また
 
 
わたしの信じていた世界が崩壊した。
 
 
じぶんとしては、そんなにショックを受けているとは
 
思ってなかったんだけど。
 
 
まだまだ自立できてなかったんだな。
 
 
 

 
この世界というものは

 
  
じぶんが信じたものでできている。
 
 
じぶんの見たいものだけでできている。
 
 
 
 
そして
 
じぶんのまったく見ていなかった側面が現れた途端に混乱し
 
 
じぶんと世界を見失う。
 
 
 
けれど、ふと気づく。
 
 
 
瓦礫の真ん中にぽつんと
 
 
じぶんが立っていることに。
 
 

 
この世界を創っているのはじぶんで
 
 
じぶんがこの世界の真ん中に立っていることに。
 
 
 
 
前回もそうだったけど
 
こういう状況のとき
 

何を見ても何を聞いても
 
ぜんぶ張りぼての中身のないものにしか思えなくなって
 
 
なんのためにいろいろなものが存在しているのか
 
じぶんが存在しているのか
 
わからなくなってしまう。
 
 
 
そんなわけで瓦礫の中にまた
 
ぽつんと一人。
 
 
 
 
今度こそ、じぶんの足で立つために
 
こうしてわざわざ破壊してるのかもしれないな。
 
 

 
 
これ、風邪じゃなくて廃人状態か(笑)
 

もうしばらく寝て過ごします。
 
 


 
  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡