Forestal Conciencia

思考のしくみを知って、夫婦、家族との絆を深めてもっと人生を楽しくしませんか。思考の学校 & アクセスバーズ@北海道札幌

札幌市西区で、アクセス・コンシャスネス®のセッションとクラスをしています。
詳しくは ☆こちら

思考のしくみを知って
夫婦、親子の絆を深めて
もっと人生を楽しみましょう♪
゚♪゚.★.。O。゚♪゚.★.。O。゚♪゚.★.。O。゚♪゚

こんにちは。
北海道札幌の思考の学校 認定講師のたまご♪
愛され妻の山下 佳代です♡


今日も思考のしくみから気づいたことをお伝えしたいと思います。
壊れる車と思考の関係についてのわたしの体験です。


あなたの車はしょっちゅう壊れたりしませんか?
最近の車はあまり壊れたりしませんよね(^^ゞ


わたしはいま、ISUZUのビッグホーンという車に乗っています。
この車がね、壊れるんですよ、しょっちゅう!

しかも、壊れるのはいつも、夫ではなくわたし一人の運転中 笑


でもね、これ
思考のしくみから見ると、偶然じゃないんですよね。



もっと言えば、
ビッグホーンの前に乗っていた新古車で買ったジムニーも
その前に乗っていたピカピカの新車で買ったイタリアンバイクも
その前に乗っていた旧車のGL400も
どれもこれも、わたしの乗るものはことごとく壊れたんですよね 涙

新車なのに、イタリアンバイクのAprilia Pegasoなんて、
あり得ないトラブルがしょっちゅうでした。



1月末のある朝、
不調が続いていたビッグホーンのエンジンが
とうとう掛からなくなりました。

思考の学校の大石洋子校長に

「車の故障よくするんだね。
 車=自分だよ。
 よく壊れる
 すぐ動かなくなる
 常に直さないと
 自分のこと思ってる
 ということだよ。」


とアドバイスをもらって

「わたしはじぶんをポンコツ扱いしていたんだ!」

そう思いつつも
まだピンときていませんでした。



実はその日は婦人科に診察に行く日でした。

何か月も前から、なんとなく腹部に違和感があったので
息子を出産したクリニックで見てもらうことにしたのです。

車は修理に出したので、バスで出かけました。



出産のときにもお世話になった
懐かしい院長先生に診てもらいました。

「卵巣が腫れてるかなぁ。生理が終わったら、もう一回に診せにおいで」

ついでに子宮頸がん・体がんの検査もしてもらってその日は帰りました。



先日、二度目の診察に行っていきました。

「卵巣嚢腫やったら、切らなあかんなぁ」

と言われていたので、ちょっとドキドキでしたが、

診察の結果は異常なし。
がん検査も異常なし。


でした。



ホッと胸を撫で下ろして病院を出たら、

お世話になっているメカニックさんから
「ビッグホーンの修理が終わりました~」

と連絡が入りました。


その足で取に行きました。



婦人科に掛かる朝に故障したビッグホーンが
二度目の診察終了と同時に上がってきたんです。

これは偶然じゃない。


どんな思考がこの現実を作ったか、思いを巡らせていて

ハッとしました。



旧車のGLやPegasoに乗っていた頃、
わたしは最初の夫と暮らしていました。

その頃のわたしは

子どもが欲しいとはまったく思えませんでした。


結婚して間もなく
はからずも一度妊娠して、死産になったことがありました。


そのときに
「心から子どもがほしいと思えるまで、絶対子どもを作らないようにしよう」

そう堅く心の決めたんですね、わたし。


だけど、そのかたわらでずっと

「子どもが欲しいと思えないわたしは、
女性としてどこか欠けているに違いない」


そう思っていたんです。



その後離婚して、いまの夫と再婚し

「子どもがほしい」

そう思って産んだ子を、育てるのが苦しくて苦しくてたまらなかった。


「子育てがこんなに苦しいなんて、
きっとわたしは女性としてどこか欠けているに違いない」


苦しかった頃はずっとそう思っていました。


だけど、無意識にいまの今まで

「女性としてどこか欠けているに違いない」

この思考を持ち続けていたことに気が付いたのです。



わたしはわたしのことを

『女としてポンコツ』

そう決めつけ、ずっと責めていたんですね。


その思考を20年くらい、ずーっとずっと
ため続けてきてたんです。


その思考が、バイクや車が壊れる =ポンコツ

として現れていたのだということに、

やっと、やっと!

気づいたのでした。




「わたしにはこんな思考がたまっているよー」と

潜在意識が教えてくれている。


思考のしくみでは、

そんなふうに見てみるんです。




思考のしくみとは


100% わたしたちの思考したことが潜在意識にたまって
それが現実化している

というしくみのこと、なんですね。



わたしの思考(=女としてポンコツ)が潜在意識にたまって

それが現実(=車がポンコツ)

として現れた。


「女としてポンコツ」って思考がたまってるよー

と潜在意識が教えてくれていた、わけです。


これがわかったら、もう

女としてポンコツだって思うのを止めることができますからね。




「女性としてどこか欠陥がある」

なんて、もっともらしく言っていました。



「育児困難なんです」


こういうふうに言っておけば

誰からも責められませんよね。


「大変だったね~」って同情さえ得られるかも。



だけどね、

目をそらさずにじぶんに向き合って
思考を見ていったらね


子どもが欲しいと思えなかったことも

育児が辛くて苦しかったことも


要は

「大人になれない子どものわたしだったから」

ただそれだけだったんですよね。


じぶんがまだまだお父さんやお母さんに

「してほしいのー」
「やって、やってー」


って言いたいお子ちゃまだったから、

そんなわたしに子どもを育てるなんて

できっこなかった。

ただそれだけ。


それを正当化して、

「女性としてどこか欠けている」

なんて、

「何かのせい」

にしていました。



こんなふうにじぶんをいくら正当化しても
現実って変わらないんですね。

じぶんが子どもだったことを認めて
大人になると腹を決めて生きていく。


子どものじぶんは、誰の心の奥にもいます。
それを野放しにしておくか
大人のじぶんが子どものじぶんを認めてヨシヨシしながら
ともに生きていくか。


思考のしくみを知ることで
どんな思考がわたしの現実を作っているのかを知り、

心の奥の子どものじぶんとの上手な付き合いかたを知っていくと

だんだんとコントロール不能と思っていたことが少なくなって
人生がラクになってくるんです。


「潜在意識」は、
わたしたち本来の幸せなじぶんを生き、
楽しい人生を送るための気づきを
いつも「現実」という形で教えてくれています。


思考のしくみを知ると
人生をじぶんの望むものに変えていけるのは
こういうことなんですね。


ミニ講座で思考のしくみについてお話しています。

「女としてポンコツ」

がどうして

「車がポンコツ」

という現実となって現れるのか。


このあたりも講座内でご説明しています。



わたしは「女としてポンコツ」なんかじゃなかった。


これまで、じぶんを正当化するために

「女性性の欠如」までも作りだしてきました。



これからは

大人として

女性であることをもっともっと謳歌しよう


そう決めましたよ~♪

思考のしくみがわかる無料ミニ講座
ぜひお話を聞いてください♡
ZOOMによるオンライン開催もしますので
どうぞ現実を変える一歩を踏み出してください!

ミニ講座日程は →こちら←


28217784_977944005695827_1941468497_o.jpg 

二月中旬ともなれば、
晴れの日は日差しが強くて
サングラスなしではお散歩できなくなります。

歩くと汗ばむし、
パナくんの抜け毛は激化するし

北国も春近し、です♡


*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

思考の学校 無料メール講座

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*
  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡


札幌市西区で、アクセス・コンシャスネス®のセッションとクラスをしています。
詳しくは ☆こちら

こんにちは。
北海道札幌のアクセスバーズ™、ボディプロセス™ ファシリテーター
西区西野のボディヒーリングサロン Forestal Concienciaの山下佳代です。


2月27日(火) 10時より
アクセスバーズ1day講座を開催します。

講座を受講される方にはテキストをお渡しするのですが、

このテキストには、わたしたちが本当に知りたかったこと、
そして本当は知っていたことが書かれています。


アクセス・コンシャスネス™の

『コンシャスネス』とは

じぶん自身と他人をジャッジせず、
人生のどんな瞬間にもそこに存在するという能力のこと。


アクセスバーズのファシリテーターをしているわたしですが、
まだまだじぶんがコンシャスネスに達している、とは言えません。

ジャッジすることも、過去にとらわれることもあります。


けれど、講座で
アクセスバーズのテキストを読ませていただくたびに
気づくことが数多くあります。


わたしたちはあまりにもナチュラルに思い込んだりジャッジしたり
じぶんを責めたりしているんですね。

そうすると、じぶんがそれをしていることにはまったく気づけないでいるんです。

アクセスバーズのテキストには、
それに気づかせる仕掛けがあるのではないか、と思います。

そして
アクセスバーズそのものが、
ジャッジをとかし、気づきをもたらし、
じぶんに優しく親切にすること、なのです。



『もし私たちが、じぶん自身に本当に優しく、もっと親切で、寛大で、
何か全く異なることができる時が今だとしたら?』

という問いかけから始まる、わたしの大好きなページがあります。
ここを読むたびに、わたしはしみじみとじぶんへの不親切さに気づかされ
どれだけ親切にされることを切望してきたか、に気づかされるのです。

このページを読み進めると、
涙される方や
深くため息をつかれる方もいらっしゃいます。


わたしたちは、本当はもっともっと優しくされたいし、親切にされたい。

そして、それは実はじぶんにしかできないことなのですね。



こういったお話をさせていただきながら、
講座を進めていきます。
もちろん、アクセスバーズの実技も、
施術と受け手それぞれ二度ずつしていただきます。

お伝えしたいことがたくさんあります。

どうぞ、これまでとは違ったじぶんとの関係のために
アクセスバーズ1day講座にお越しください。



【 アクセスバーズ® 1day講座 】

2月27日(火) 10時―18時(終了時刻が若干前後することがあります)

受講料
初受講:40,000円
再受講:20,000円
保護者様同伴の15歳以下:無料
16歳ー17歳:半額

場所:札幌市西区西野(最寄駅 地下鉄東西線宮の沢駅)


お申込みはこちらからお願いします♡


28170432_977111339112427_1735621462_o.jpg 

犬にもバーズ♡
  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡


札幌市西区で、アクセス・コンシャスネス®のセッションとクラスをしています。
詳しくは ☆こちら

思考のしくみを知って
パートナーにナチュラルに愛されながら
わたしを謳歌する

゚♪゚.★.。O。゚♪゚.★.。O。゚♪゚.★.。O。゚♪゚


こんにちは。
北海道札幌の思考の学校 認定講師のたまご 山下 佳代です。


思考の学校でお伝えしている『思考のしくみ』というのは

わたしたちが日々、
意識的無意識的にしている思考が
100%例外なくこの現実を作っている。

という考え方のことなんです。


だから、夫と子どもを現実に作りだしたのも「わたしの思考」と考えるんですね。


じぶんで作ったのに、

心配だ、とか

不満だ、とか

気にいらねぇ、とか


文句たれてるわけです 笑



まぁ『思考のしくみ』をこれまで知らないで生きてきたのでね、わたしたちは。




何をやっても変わらない子ども。
何を言っても聞かない子ども。
発達が心配、とレッテルを張られた子ども。


どんな子だったとしても、
お母さんから見たら、お母さんの思考がもとになってできているのでね。
お母さんがご自身の思考を見直せば、子どもは変わりますよ^^


だとしたら、嬉しくないですか?


思考のしくみを知れば、
これまで

「変えられない」

と思っていたことが変わり始めます。


わたしのように
自閉症の診断をもらった息子が。

学校に行ったり、フリースクールに行ったり、
フラフラどっちつかずだった息子が。

休まずさぼらず楽しく学校に行き、
クラスメイトに愛されて、
日々を楽しく過ごしています。


最近の息子のすごいなー、と思うところは


朝起きた瞬間から、寝る瞬間まで基本

ご機嫌なのです。

いつも鼻歌を歌ってます。



思考のしくみを知って、
わたしがわたしをご機嫌にできるようになってきたから、なんですね。

以前は誰かがわたしをご機嫌にしてくれるのを
いつも待っていました。

だから息子も
「ヒマー!なんかすることないの?」
「かーちゃん、相手してー!」

って、ゲームしているとき以外は、
よく不満を口にして、わたしにまとわりついていました。

「オレのご機嫌とってよー」って
言っていたわけです。


わたしに「ご機嫌とれよ」という思考があったから、
それが息子という現実となって現れていたんですよね。



『お母さんの思考が、目の前の子どもを作っている』


もし、我が子の行動を、問題と感じるなら
そう考えてみてください。


100%現実を作っているのはじぶんの思考ですから、

我が息子の自閉症という現実を作りだしたのも
わたしの思考がもとになっている、のです。

じぶんの思考がもとになっているのだから、
変えられるということになりますよね!



ひっそりと、
ミニ講座【子育て編】もやっております。
ミニ講座の詳細、リクエストは →こちら← をご覧くださいね。


お子さんの気になる行動を作りだしているのも、
お母さんの思考だとしたら。

これが腑に落ちたとき、
本当に力を抜いて子育てができるのではないかな、と思います。



ずいぶん前に作った『信号の大辞典』を学校に持って行ったら
クラスのみんなが「見せて見せて~」となったそうで、

「いまクラス中で回覧してんだよ~」と息子は得意げ。


そして

「第二弾作ってってお願いされちゃったから、オレ作んないと」

と言って、作ったのがコレ。

28125066_976245182532376_1653373224_o.jpg 

ついに登場w


明日学校に持って行くらしい。

作ってってお願いしてくれちゃったのは、
隣の席の女子なんだって~♡

さも、しょうがね~な~
的な口調の息子の話を笑いをこらえて聞く幸せ♪

28035090_976244325865795_527453503_o.jpg


28080461_976244282532466_261483234_o.jpg 


*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

思考の学校 無料メール講座

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*


  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡


札幌市西区で、アクセス・コンシャスネス®のセッションとクラスをしています。
詳しくは ☆こちら

思考のしくみを知って
パートナーにナチュラルに愛されながら
わたしを謳歌する

゚♪゚.★.。O。゚♪゚.★.。O。゚♪゚.★.。O。゚♪゚


こんにちは。
北海道札幌の思考の学校 認定講師のたまご 山下 佳代です。


思考の学校で『思考のしくみ』を学んで
本当によかったと思うこと


それは

お父さん大好き!
お母さん大好き!

と心から思えるようになったこと。


もうこれに尽きます。



わたしがこれまでの人生で求めていたもの。

漠然としていて、掴めそうで掴めなかったもの。

でも切望していたもの。


何があっても、
どこにいても
どんな環境でも、
何を食べても、
何を身に着けても、


揺らがない、一番底にある安心感。


それを求めていたんだ、と
それを手に入れ始めてやっとわかりました。


人はみんな、本当はお父さんお母さんが大好きです。


こう言われて抵抗を感じる人もいると思います。
わたしがそうだったから。


ずっと心の奥底で恨んでいました。
もっとこうして欲しかった。
ああして欲しかった。

あなたたちがこんなふうに育てたから
わたしの育児はこんなに苦しいのだ。
なんとなく生きづらいのだ。

と。



人は誰しも多かれ少なかれ、
こういった親への恨みや不足感を持っています。

それは、実のところ
脳の構造の問題だから、しかたないんです。



わたしたち大人がふだん使っている大人の脳は

「いえいえ、わたしは両親に愛されていたし感謝していますよ」


そう思っているんですけれどね。




詳しいことは、 無料ミニ講座 でお話しています。



いまもし、お父さんお母さんのことを好きだと思えなかったとしても


思考のしくみを知って
思考を掴んで、感情を大事に感じてあげることで

変われます。



わたしが変われたくらいだから。




近年のわたしの夢は、
子どもの頃は大好きだった父と心から和解して
父にハグすることでした。

でも、その夢が叶う前に彼は死んでしまいました。


病室で、一度だけ二人きりになるチャンスがあったのだけれど

あのとき、わたしは勇気が持てなかった。



拒否されるんじゃないか、そう思えて。
それはまだじぶんが拒否していたから、なんだけど。




今なら、迷わずハグできるなぁ。
お父さん、大好き!

って。



昨夜、母からLINEメッセージが来て、

すぐに折り返しビデオ通話しました。



娘と孫の顔を見た母は、
以前とは別人のように、
無邪気に満面笑みで話しかけてきます。


スクショしておけばよかったなぁ

ってあとから思うくらい、
かわいい笑顔でした。


こんな日が来るなんて。


わたしは愛されていたんだなぁ。
そして、わたしはお母さんが大好きなんだ。



この思いが、
人を強くし
前に進ませる原動力なんだ、と


半世紀近く生きてきて、
初めて知りました。


思考のしくみに出会えて、
本当によかったと思っています。


できるだけ多くの人に

この幸福感や安心感を知ってもらいたいな。

そう思っています。


28033116_975643152592579_466490740_o.jpg 

四月に82歳になる母は
iPhoneを使って、こんなメッセージをしてきます 笑
地味にスゴイ、自慢の母です♡

だけど、何か月ぶりかで帰省したときに
iPhoneの動作が悪くなって、
Chromeを開いてみたら、
iPhoneを買った日にわたしが初期設定した画面から
延々と消されることなく何十ページだか溜まっていて
消しても消しても出てくるページに
爆笑してしまいましたw

ちょっとサザエさんみたいな母ですww


*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

思考の学校 無料メール講座

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡


札幌市西区で、アクセス・コンシャスネス®のセッションとクラスをしています。
詳しくは ☆こちら

思考のしくみを知って
パートナーにナチュラルに愛されながら
わたしを謳歌する

゚♪゚.★.。O。゚♪゚.★.。O。゚♪゚.★.。O。゚♪゚

こんにちは。
思考の学校 認定講師のたまご♪ 山下 佳代です。


今日は
思考のしくみとの出会い。
そして、思考の学校ってどんなところなのか、について書いています。


わたしは昨年の11月より、
一般社団法人 思考の学校
というところで認定講師になるために勉強しています。


思考の学校は、
「思考のしくみを知ってしあわせに生きる。」という理念のもとに
校長の大石洋子さんが設立された学校です。


「思考のしくみ」とは、
じぶんの思考が100%この現実をつくっている
というわたしたちが生きている世界のしくみのことです。


このしくみを多くの人に知ってもらいたい、という思いで
校長の洋子さんは認定講師の養成を始められました。



わたしが思考の学校の存在を知ったのは、
それ以前から実践していた

アクセスコンシャスネス™で
認定ファシリテーターをしていたMakiさんという方が
思考の学校の認定講師となられて、

「無料のミニ講座を開催します」

そう告知されていのが、受講したのがきっかけでした。

すでにアクセスでも成功しているMakiさんが
絶賛している思考の学校って何なんだろう?

という単純な興味でした。



「思考が現実化する」という話は
『引き寄せ法則』の本などでなんとなく知っていました。

試してみたら、
うまくいくこともあるけど、
なんだかネガティブなものがくっついてきたり、
ぜんぜんうまくいかなかったり。


そんなわけで、『引き寄せ』は胡散臭い、と距離を置いていました 笑


ところが
Makiさんのミニ講座で話を聞いて、

「そういうことだったのかー!」

どうしてうまくいったり、いかなかったりしていたのか、
それがよくわかったのです。

これまでうまくいかなかった原因と
それを変えていくためにできることを教えていただきました。


二か月ほどして、またMakiさんから
今度は「基礎講座」というのを受けました。

ミニ講座で教えていただいたことだけでも
じぶんの中で変化が起こっているのを感じていたので、

もっと知りたい!

そう思ったんですよね。


この「基礎講座」では
思考の学校が伝えている、
基本となるワークをすべて教えてもらいました。

いま、認定講師の講座でも
日々コツコツと行っているのは、この基礎講座で教えてもらったワークです。


思考が100%現実化しているのだとしたら、
思考を変えれば現実も変わりっていきます。

でも思考を変えて、望む現実に変えていくには、
日々コツコツとワークに取り組む必要があるんです。

でもやれば必ず変わるんです!


そんなわけで春にミニ講座、基礎講座と受講して以来、
忘れたり思い出したりしながらコツコツワークを続けておりました。


ところが夏のある日、
とあるセッションを受けたんです。
(思考の学校でもアクセスでもないのですけど)
そこで、ものすごく癪にさわることを言われちゃったんですよね。


思考のしくみから言えば、
わたしの潜在意識が相手に言わせたわけなんですけれど 笑



それで、悔しくて
基礎講座で教わったワークをね、ひたすらにやったんです 笑
どうにか「じぶんが正しいことを証明しよう」としてやったわけですが

やってみたら


相手の言うことが正しかった。。。
図星だった。
それを素直に受け入れられないわたしがいただけだった。


そのワークのおかげで、両親に対して抱えていた怒り、誤解が
次第にほどけはじめたんです。



そんな頃に、洋子校長が無料動画を配信されたんですね。
その動画がまたすごくわかりやすくてよくできていて。


「あぁ、わたしはこの人から学ぶんだ。」



(北海道の) 石狩沼田のキャンプ場で動画を見て 笑

そう決めたのを覚えています。

1379.jpg 




思考の学校のメソッドは目に見える効果があって、変化が早い。


そう実感していたわたしは、

「これをもっといろんな人に伝えたいな。」

そう思うようになっていました。



洋子校長から学べる機会は
認定講師養成講座しかなかったことが決め手になって

認定講師への道を歩み始めたのでした。



思えば、癇にさわったあの夏の日のセッションは
わたしのターニングポイントでした。

じぶんの思考が100%現実を作っているのです。

あそこでわたしを怒らせることを言わせたのも
それによって必死でワークさせたのも全部わたしの思考なのです。

わたしがいま、こうして認定講師になるために。


わたしはどうやら知らず知らずのうちに、
「思考の学校の認定講師になる」っていう思考をためていたんですね。



そしてわたしの思考は夫にこうも言わせたのです。

「行きたいんだったら、じぶんで稼ぐんだよ。」と。


すると、それを可能にする方法が、
水が流れるかのごとく、現れ始めたのでした。


今となっては
夫がこう言ってくれたことに感謝しかありません。

わたしはもっと頑張れるし
もっと能力を出し切れるということを
知ることができたから。


ところで、思考って何?
思考をためるってどういうこと?
と思った方はいらっしゃるでしょうか。

思考が現実化していくしくみについて
これから少しずつ、
書いてきたいと思っています。

もし直接、思考のしくみの話を聞いてみたい
という方がいらっしゃいましたら、
ミニ講座にご参加ください。↓↓↓


思考のしくみがわかる無料ミニ講座
わたしも開催します!
ZOOMによるオンライン開催もしますので
どうぞ現実を変える一歩を踏み出してください!

ミニ講座日程は →こちら←


*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

思考の学校 無料メール講座

*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*

  ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♡